【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

【通訳者の証拠集め】 良い通訳者だって証明してくださいよ

-------------------------
当カセツウ・ブログはリンクフリー、転載自由です。
お友達の通訳者・翻訳者、通訳スクールの方、語学スクールの方、
通訳エージェントの方など、どんどんご紹介ください。
-------------------------

f:id:interpreter-promotion:20160303102022p:plain

おはようございます!
"稼げる通訳者"育成コーチの酒井です。

f:id:interpreter-promotion:20160109204710j:plain

 

通訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、コーチとして独立して「通訳者になりたい!」「それも稼げる通訳者に!」「ずっと通訳をやっていきたい」「でも通訳の仕事が来ない・・・」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」「長くやっていればそのうち報われるはず」と思っている方を、通訳スクールも通訳エージェントも教えない、メンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

このブログではその経験を活かして通訳エージェントの本音、通訳コーディネータの本音をベースに、「稼げる通訳者になりたい!」「ずっと通訳者を続けたい!」あなたの役に立つヒントをお届けしています。

********************************

今日のタイトルは「【通訳者の証拠集め】 良い通訳者だって証明してくださいよ」です。

 

えー、、、
皆さん、というか、あなたは、良い通訳者さんですか?
きっとよい通訳者さんだと思います。
少なくとも、「まあそれなりには、、、」とは言えますよね。

でも、、、それって本当ですか?
証明してください。
証拠を提出してください。


と、言われた時、、、
この証拠って、何を用意してますか?
ほとんどの方は、「履歴書」「通訳実績表」「翻訳実績表」という答えになるのではないでしょうか。

そう、ほとんどの方が、です。
イコール、「周りの人と同じように」です。
つまり、差別化できてません。
(よほど見栄えのする経歴や実績があればそれは強みですが、見てもらえなければ価値はありません)

 

ひとつ、案があります。

「証言」を集めてください。

わかりやすく言えば、「お客様の声」「あなたを推薦する声」です。

 

私も、たまにブログに載せています。
こんな風に。  

こちらはちょっと古いですが、銀座コーチングスクールのコーチプロフィールページ。
クライアントの声を並べています。

銀座コーチングスクールの公式ページへ

 

そして、つい昨日、以前の職場の元上司にお願いして、こんなコメントをいただきました。(ドラフトですけど)

元上司の私から見て、ヘンなたとえで恐縮だがどんなに多くのタスク(案件)が重なっても、あるいは厳しいリクエスト(無理難題)やトラブルが生じても決してダウンしない、強靭なサーバーのようなタフ・ガイ。

通訳コーディネータという仕事は、クライアントからは叩かれ、通訳者たちからは細かい要求を突き付けられ、謂わば慢性のサンドイッチ状態にあるのだが、どんな窮地にあっても涼しい顔して、ムダなくソツなく、冷静に対処していく男というのは実にたのもしく、また一緒に仕事をしていて愉快なものでした。

これにその方の写真をいただいて、また掲載させてもらう予定です。
どうでしょう?

私が自分のことを「僕はイイ奴ですよ!仕事もきちんとできるコーディネータでしたよ!だって10年もコーディネータしてたんですよ!リーダーだってしてたんです!」
・・・と主張するよりも、信用できる気がしませんか?

いまも3月のコンサルをとんでもない条件でオファーしていますが、その代わりに「終わって満足されたら、その声を聴かせてくださいね」とお願いをしています。だから、金額は度外視したオファーになっているのです。

 

皆さんは、どうですか?
これまで通訳・翻訳をこなされてきて、きっと高く評価いただいたこともあるのではないでしょうか。
その方たちに、ぜひお願いしてください。
「その声、私の推薦として使わせていただいていいですか?」と。

もし、そうお願いすることに抵抗があるとしたら(そしてそれはよくあることです)、いくつかの無意識の心のブレーキを緩めていく必要がありそうです。

そして、10年のコーディネータ経験を思い返してみると、リファレンスということで履歴書にどなたか(そして、どこの誰か僕は知らない人)のお名前が記載されている通訳者さんや翻訳者さんはいましたが、「顧客の声」「推薦の声」を記載されている通訳者さん、翻訳者さんは、いなかったと思います。
だからそれだけで、差別化につながります。

ぜひ、これまでのお仕事を思い返して、お願いしてみてください。

 

 

3月限定オファーお送り中!
メルマガ登録して限定オファーを受け取る 

 

無料PDFレポート限定公開中
「通訳エージェントに選ばれる通訳者7つの特徴」 
<詳細はこちら>