【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

【価値を感じる理由】 ビジネスの師匠を銀座久兵衛にご招待して思うこと

-------------------------
当カセツウ・ブログはリンクフリー、転載自由です。
お友達の通訳者・翻訳者、通訳学校の方、語学スクールの方、
通訳エージェントの方など、どんどんご紹介ください。
-------------------------

f:id:interpreter-promotion:20160602195209p:plain

おはようございます!
”稼げる通訳者育成”コーチ、酒井です。

f:id:interpreter-promotion:20160109233802j:plain

通訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、コーチとして独立して「通訳者になりたい!」「それも稼げる通訳者に!」「ずっと通訳をやっていきたい」「でも通訳の仕事が来ない・・・」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」「長くやっていればそのうち報われるはず」と思っている方を、通訳スクールも通訳エージェントも教えない、メンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

このブログではその経験を活かして通訳エージェントの本音、通訳コーディネータの本音をベースに、「稼げる通訳者になりたい!」「ずっと通訳者を続けたい!」あなたの役に立つヒントをお届けしています。

********************************

今日のタイトルは「【価値を感じる理由】 ビジネスの師匠を銀座・久兵衛にご招待して思うこと」です。

 

銀座のお鮨屋さんといえば、、、
まず、すきやばし次郎。そして、銀座久兵衛
酒井のイメージはこんな感じでした。

そして、、、昨日、ビジネスの師匠を久兵衛のランチにご招待して、鮨懐石をいただきながら、これまでの感謝や今後の展望について、話し、聴き、ヒントをいただいてきました。とても贅沢で幸せな時間だなぁとしみじみ思いました。

 

今日は、そんな銀座久兵衛はどうだったか、なんて話をしてみたいと思います。

 

いやらしい話ですが、今回のランチ(ランチですよ?)に使ったお金は、、、

鮨懐石x2名 + 師匠のご家族へのお土産分で、、、5万円を超えています。
(お酒は飲まず、お茶だけです)

 

もちろん、生まれて初めて使う金額です。そして今後もあるのかどうかわかりませんが、、、まあともかく、師匠への感謝、というか、教えていただいた稼げるチカラ、そして実際に稼げるようになった額を考えると、これくらいはお出ししたかったんです。(要は私はこれをベースに通訳者さん向けにアレンジ+オリジナルαしてお伝えしています。それくらいの内容なんです)

その上で、このランチに5万円の価値はあったかと言うと、、、

はい、価値はありました。

さすがの味と、そして接客(すきやばし次郎の方はこちらで叩かれることも多いようですね)。一流店だな、と感じました。ただし、、、

自分ひとりであれば、ランチでいちばんお得な4000円のコースでも、もう行くことはないと思います。

これは決して、おいしくないとか、そういうことではありません。おいしいのですが、、、酒井にはそこまでの感動はなかった。そもそも、食事(おいしいもの)にそこまでのお金をかける価値観があまり強くないんだと思います。

ではなぜ、価値があったか?それは、

『大切な人をお連れしたから』です。

例えばこれが、ものすごいスペシャルウィークとかクーポンがあって(久兵衛にそんなものは存在しないと思いますが)、「おひとり3000円で同じものを楽しめます!」ということだったら、きっと価値は感じなかったと思います。今回のお店に選ばなかったでしょう。

つまり、今回のランチにおいては、私にとっての価値は『そんな!?と思う程のお金を使ってご招待する』ことにこそあったということです。ヘンな言い方かもしれませんが、お金を使うことにこそ価値があったんです。

 

起業支援をしていると、高額のオファーをすることに抵抗がある、という方も多くいます。私もそうでした。

コーチングを始めた頃は、相手にコーヒー代を出してもらうことも躊躇われましたし、いよいよフィーをいただこうとして、1000円を提示することにも抵抗がありました。「えーと、あの、せ、千円、、、くらいで、、、」なんて言ってました(^_^;)

いまは、クライアントさんには『お金をいただくことが、クライアントのためです!』と何度もお伝えしています。昔の自分は棚に上げています笑。

 

周りを見渡すと、世の中には高級ブランド品が溢れています。小さなポーチひとつが数万円なんて当たり前です。

もし、それらの価格が3000円だったとしたら、、、果たして消費者は、そのポーチを欲しがるでしょうか?正規店で売られているので「怪しくない、ホンモノだ」とわかっていても、、、きっと、欲しがる人は少なくなると思います。つまり、そこには「ある程度のお金を出すから」価値を感じている人たちがいます。

そう考えると、価格設定も大切なブランディングになるわけです。

 

やっぱり、通訳者の場合の話もしておかなくては、ですね。

酒井は通訳コーディネータ時代(まあ今もですが、、、)、通訳者さんのスキルを判断・評価することはできませんでした。英語は聞き取りがニガテでしたし、正しく通訳しているかどうかもわかりません。うまい下手も分かりません。

そんな中、何を基準に「この通訳者さんは信用できそうだな」と感じていたかと言うと、実は通訳レートが大きな基準のひとつでした。

全日料金1万円の通訳者と、4万円の通訳者、、、

実際のスキルはわかりません。でも、「4万円の通訳者」の方が「信用できそう」と感じていました。4万円より6万円の通訳者の方が、「きっとスキルが高いんだろう」と感じていました。

もしかするとこれを読んで、中には『そんなデタラメな判断してたの!?』と幻滅する方もいるかもしれません。しかし、それを承知で言います。そうしていました。

中には『レートは低い方が仕事が来る』と思っている通訳者もいるようですが、実はあてはまらないことも多くあるのです。

もし、レートを上げることに抵抗(というか不安)を感じていて、なかなか切り出せない、言いだせない、という課題を感じているのであれば、、、発想を転換すると、意外とすんなり進むかもしれませんね。極論を言えば、レートを上げることで仕事が増えるかもしれません。

 

今日はいろんな話をしましたが、結論として、銀座の鮨屋は、誰かをお連れする、もしくは誰かに連れてってもらうのがいちばんかな、ということです笑。

 

一生使える稼げるスキルを身に付けたいならこちらから
(いま、初回の課題発見カウンセリングは無料です)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓   イベント、プレゼント情報   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

<無料メール講座 登録で特典プレゼント>
『9日間で稼げる通訳者に近づくステップアップメール講座』

この無料の9日間のステップアップメール講座を読めば、、、
・いま持っているスキルのままで収入を増やせることがわかる
・1ヶ月で収入を増やす方法がわかる
・新たな分野を勉強しなくても仕事は取れることがわかる
・レートが高くても依頼されることがわかる
・通訳者としてのキャリア以外の可能性に気付ける

さらに、以下の特典もお贈りしています。

特典1.「通訳エージェントに選ばれる通訳者の特徴がわかる!」PDFレポート 
特典2.「収入アップの近道が見つかる!」通訳者収入シミュレータ

ぜひ、お読みください。無料です。