【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

【カウンセラーのつぶやき】人の心理は万国共通?

f:id:interpreter-promotion:20160124141537j:image
f:id:interpreter-promotion:20160124141723p:image
f:id:interpreter-promotion:20160124141700j:image
 

おはようございます!

"稼げる通訳者" を育成する、カセツウ・コーチの酒井です。
 
昨日、今日と、カウンセラー講座に参加しています。
(12月から始まっている5日間講座の4日目、5日目です)
 
人の心理を学ぶと「おもしろいなー」がどんどん出てくるのですが、
今日もまたおもしろいことを教えてもらいました。
 
「身体の状態に意識を集中して、何かを感じる部位はありますか?」
というワークですが、例えば肩に重さを感じるとか、胸が苦しいとか。
胃は?下腹は?という風に探っていくのですが、カウンセラー的な見立てとして、「肩」に重さを感じるならノルマや重荷を感じている、胃に何かを感じるなら理不尽やストレスがある、、、なんてものがあります。
 
おもしろいのが、この見立てが結構言語に関係ないということ。
日本人でも、アメリカ人でも、スペイン人でも、この見立てがほぼほぼ通用するそうです。
(諸説あり)
 
「あなたを想うと胸が苦しい」
”I have a pain in my chest whenever I think about you.” 
 
そうか、恋をすると胸が苦しいのか。
日本人もアメリカ人も、、、笑