【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

【通訳者の鍵探し】 落とした鍵

f:id:interpreter-promotion:20151227090102p:plain

おはようございます。

"月に100万円稼げる通訳者"育成コーチの酒井です。

f:id:interpreter-promotion:20151115000517j:plain

通訳翻訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、コーチとして独立して「通訳者になりたい!」「それも稼げる通訳者に!」「でも通訳の仕事が来ない!」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」という方をメンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

このブログではその経験を活かして「稼げる通訳者になりたい!」あなたの役に立つヒントをお届けしています。

********************************

今日のタイトルは「【通訳者の鍵探し】 落とした鍵」です。

 

私が好きな物語をひとつ。

 


短いものですが、考えさせられます。

ある夜遅くに、家に帰る途中の男が、街灯の下で四つんばいになっているナスルディンに出くわした。
「何か探し物ですか?」と男が尋ねたところ「家の鍵を探しているんです」とナスルディンが答えた。
一緒に探しましょうということで、二人が四つんばいで探すのだが、見つからない。そこで、男は再び尋ねる。
「ナスルディン、鍵を落とした正確な場所がわかりますか?」。
ナスルディンは、後ろの暗い道を指し示した。
「向こうです。私の家の中」
「じゃあ一体なんでこんなところで探しているんです?」と男は信じられないといった口調で尋ねた。
「だって、家の中よりここのほうが明るいじゃありませんか」

(『人を動かす50の物語』M.パーキン著より抜粋) 

 人はついつい、「探すべき場所」ではなくて「探しやすい場所」で大切なものを見つけようとしてしまいます。

私もそうです。

ずっと「なんとなくサラリーマン」でいた時代の私は、「自分がやりたいこと」という鍵を会社という「探しやすい場所」で見つけようとしていました。
鍵は会社の中にはないと薄々は感じていたのに。

結局、私の場合は出会ったコーチという懐中電灯が、会社を辞めるという暗い道の少しだけ先を明るくしてくれたので、鍵が光っているのを見つけてそちらに踏み出すことができました。

良ければ考えてみてください。

皆さんにとって、、、

  • 見つけたい「鍵」とはなんでしょうか?
  • その「鍵」は何を開ける鍵ですか?
  • どの辺に落ちていそうですか?落ちていそうな場所で探していますか?
  • あなたが鍵を探すのを手伝ってくれそうな人は誰ですか?
  • 何があれば暗い道にも探しに行けそうですか?
  • 鍵が見つかったらどうなりますか?見つからなかったら?探すのを諦めたら?

なーんてことを考えてみると、いいかもしれませんね(^_^)

********************************
ブログの内容や元コーディネータに訊いてみたいこと、
コンサルティングサポートに関するお問い合わせ、楽しみにしています。
酒井にコメントや質問、激励を送ってみる 

無料のメールマガジンも発行しています。
興味あれば登録してみてくださいね!
"読むだけで『月に100万円稼げる通訳者』に近づける無料メールサポート"を受け取る

********************************
アンケートやってます!