【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

通訳者は翻訳もしなきゃならないの? (答え)できる方がチャンス広がります

 

f:id:interpreter-promotion:20151117114721p:plain

 

 

おはようございます。

 

"稼げる通訳者"育成コーチの酒井です。

 

f:id:interpreter-promotion:20151115000517j:plain

 

通訳翻訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、コーチとして独立して「通訳者になりたい!」「それも稼げる通訳者に!」「でも通訳の仕事が来ない!」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」という方をメンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

 

このブログではその経験を活かして「稼げる通訳者になりたい!」あなたの役に立つヒントをお届けしています。

 

********************************

 

今日のタイトルは「通訳者は翻訳もしなきゃならないの? (答え)できる方がチャンス広がります」です。

 

今日は答えまで書いちゃいました笑。

 

結構いただく質問でした。

 

あ、もちろん、「翻訳もだーいすき」という方はこんな質問してきませんね。

 

この質問には「翻訳はやりたくないんだけど、、、」という意図がありますね。

(やりたくない、よりも、ニガテ、の方が近い場合もあるかもしれませんが)

 

さて、、、

 

私としては、『はい、できる方がチャンス広がります』という回答になります。

 

例えばあなたがフリーランスの通訳者として仕事が入ってきているなら、『翻訳はちょっと、、、』とお断りすることもできるでしょう。

 

しかし、まだこれから仕事を増やしていきたい、通訳者になりたい!というステージであれば、翻訳もやります、というのはひとつのアドバンテージになりえます。

 

というのは、『イヤがる方が多いから』です。

 

コーディネータ時代に、一部翻訳も含まれる通訳業務の依頼も多くいただきました。

 

特に監査業務付きの通訳なんて、ほぼ翻訳対応が必須でした。

 

そこで登録している皆さんに照会するのですが、こちらとしても気になるわけです。

 

「あの、、、今回翻訳業務も含まれるんですが、、、大丈夫でしょうか、、、?」

 

と、控えめに訊きます。

 

ちなみにこの場合の「大丈夫でしょうか?」は「おうオメー、翻訳はできるのかよぅ」ということではなくて、「あなた様におかれましては翻訳という煩雑な業務にもご対応いただけるものでございましょうか?」という意味の「大丈夫でしょうか?」です。

(翻訳=煩雑というのはユーモアと思ってください(^_^;))

 

イヤがる通訳者が多いことを知っているからです。

 

だからこそ、もし面談時に『翻訳もやりますよ!』なんて言ってくれる方がいたら、『大切にしなくては!』と思ったものです。

 

そしてひとつ。

 

翻訳はしてもいいんだけどニガテ、というあなたは、そのことをそのままコーディネータに伝えてあげてください。

 

最終的に「ニガテ」でもお願いするかどうか判断するのはコーディネータ、その先にいるエンドクライアントです。

 

コーディネータとしては、「してもいいんだけど」の気持ちだけで好感を持ちますし、ニガテであることを正直に言ってくれる姿勢にも安心感を覚えます。

 

なので、もしそういう気持ちがあるなら、「できません」ですませない方が良いですよ(^_^)

 

 

 

ブログに関する感想、具体的な質問、

稼げる通訳者になる個別サポートについて訊きたい、

という方は こちら からメッセージをお送りください