【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

面談時、どこまで訊いていい?

おはようございます。

"仕事が切れない通訳者"育成コーチの酒井です。

 

f:id:interpreter-promotion:20151101102844j:plain

 

通訳翻訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、一生コーチングをしていきたいと思い、コーチとして独立して「売れっ子通訳者になりたい!」「でも通訳の仕事が来ない!」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」という方をメンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

 

このブログではその経験を活かして「仕事が途切れない通訳者」を生み出すヒントをお届けしています。

 

********************************

今日のタイトルは「面談時、どこまで訊いていい?」です。

 

エントリーを済ませ、あなたの実績や経験、アピールがコーディネータの目に留まり、首尾よく面談(スキルチェックを含む場合も)の機会が設定されました。

(名刺はしっかり用意してくださいね!)

 

さて、いざ面談時、、、

気になることはたくさんありますよね。

 

コーディネータはどんな人か、会社の雰囲気はどんな感じか、

仕事はたくさん来ているのか、特に私の得意分野の仕事はどうか、

そして気になる、レートのこと、、、

 

そこでさらに気になってしまうのが、「どこまで訊いていいのか」

 

仕事はありますか?なんて訊くと失礼じゃないのか、

初めて会う場でレートについて確認してよいのか、、、

f:id:interpreter-promotion:20151104112844p:plain

 

いろんな不安も出ると思いますが、基本的には上記のようなことであれば訊いていただいて構いません。

もっとも、レートについてはコーディネータ側から確認されると思いますが。

(そういえばレート設定に迷っている、という方もいるかもしれませんね、また別記事で)

 

エージェント側からしても、あなたにお願いしたい、お願いできそうな仕事があるから、わざわざ面談の場を設けているはずです。つまり、ビジネスパートナーとして考えているはずです。

 

ある種対等でもあるはずですから、多少「御社は私にどれくらいの仕事を照会できますか?」という意識をアタマの隅に置いておいてもいいでしょう。
(もちろん意識だけの話ですよ!)

 

なので、そのエージェントがあなたが欲しい仕事をどのくらい持っているか確認しておくことは、互いに無駄な期待を持たないためにも必要だと思います。

 

ただ、私が訊かれて、答えるべきか考えた質問があります。

「●●さん(企業名や通訳者さん)とお付き合いはありますか?」という質問でした。

 

具体名になってしまうと、守秘義務契約や個人情報漏えいに抵触する可能性を考えてしまうからです。本人にそんな意識はないとしても。

私の場合は「どうしてですか?」と逆に訊き返していましたが。

結局その時は、その●●さんと付き合いがなければ私が付き合いがあるので紹介を、という話だったのですが。いろんな想像をしてしまいました(^_^;)

 

皆さんも、もし面談時に訊いてよいのかどうか迷うような質問や確認事項があれば、ぜひ送ってみてください。私の意見でよければお答えします。

 

 

ブログの内容や元コーディネータに訊いてみたいこと、
サービスに関するお問い合わせはこちらから