【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

通訳エージェントから面談の打診!もちろん●●、用意してますよね?

f:id:interpreter-promotion:20151105132055p:plain

 

おはようございます。

"仕事が切れない通訳者"育成コーチの酒井です。

 

f:id:interpreter-promotion:20151101102844j:plain

 

通訳翻訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、一生コーチングをしていきたいと思い、コーチとして独立し、「売れっ子通訳者になりたい!」「でも通訳の仕事が来ない!」「スキルはあると思うのに何が足りないの?」という方をメンタルとマーケティングの観点からサポートしています。

 

このブログではその経験を活かして「仕事が途切れない通訳者」を生み出すヒントをお届けしています。

 

********************************

今日のタイトルは「通訳エージェントから面談の打診!もちろん●●、用意してますよね?」です。

 

エントリー後、やはり一度は顔を見たいもの。そしてスキルチェックもしたいもの。なのでエージェントからは「ご来社を、面談を」という打診をします。私が勤めていた通訳エージェントもできるだけ来社をお願いしていました。

 

そして多くの方とお会いしたのですが、けっこう ●● を用意してない方がいるなぁ、と気付きました。

 

●●、なんだと思いますか?

「ツマラナイモノですが」と言いながら渡すお菓子じゃないですよ。

(それはいりません)

 

ビジネスパーソンなら必ず持っているものです。

でも、エントリーして面談にいらっしゃる通訳者さんが持っていないことがある、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、持ってますよね?

 

名刺。

 

そう、名刺です。

 

 

 

ビジネスをしていく上で、名刺は当然必要ですよね。

フリーランスの通訳者として仕事を取っていくぞ!というときにももちろん必要だと思います。

しかし私の経験では、登録に来社してくれた通訳者さん、意外と持っていない方が多かった印象があります。

 

推測に過ぎませんが、フリーランス通訳者に至る道のりが関係しているのかもしれません。

フリーランスの通訳者への道のりは、前段階として、どこかの企業に入り、インハウス通訳者としての経験を積む方が多いと思います。

その環境であれば名刺交換をする機会はない、機会があったとしてもその企業から支給されると思いますので、個人としての名刺は必要ないのかと思います。

そしてその感覚のまま、エージェントの面談に臨んでしまう、、、

というのが私の勝手な推測。

 

理由はいずれにせよ、万一、あなたが名刺を持っていないとすれば、すぐに用意しておきましょう。通訳エージェントにあなたが何者か、伝えるんです。

 

意外と名刺を用意している方が少ないからこそ、持っている方、名刺をくださった方がいたら、私は「おっ、通訳のプロなんだな、プロになるんだな」という印象を持ちました。

 

もしも、もしもですよ、、、

あなたが名刺を持っていないとすれば、、、

いえ、持ってますよね。今はネットでも簡単に作れますから。

 

じゃあ、名刺にはどんな情報を入れたらいいか、、、

 

また今度書きたいと思います。

 

 

 

ブログの内容や元コーディネータに訊いてみたいこと、
サービスに関するお問い合わせはこちらから