【カセツウ】月に100万円稼げる通訳者になりたい!あなたのための(元)通訳コーディネータの本音ブログ

稼げる通訳者育成コーチ = 『カセツウ・コーチ』は、通訳者としての収入アップを考えたときの 『唯一の正しい相談先』です!!

 
 
 
2016年11月からこちらのブログは
カセツウのホームページに移行しました
今後の更新は基本的にホームページで行います

<ここをクリックしてホームページへ>
** お気に入り登録をおススメします **
 
 
 

完全匿名で酒井に質問できます
<ここをクリックして匿名質問フォームへ>

お客様の声をまとめてみました
<酒井の実績を見るにはここをクリック>

通訳の仕事が来ないのはスキルの問題だと思ってませんか?

おはようございます。

"仕事が切れない通訳者"育成コーチの酒井です。

 

f:id:interpreter-promotion:20151101102844j:plain

 

通訳翻訳エージェントのコーディネータとして10年勤めた後、一生コーチングをしていきたいと思い、コーチとして独立しました。

このブログではその経験を活かして「仕事が途切れない通訳者」を生み出すヒントをお届けしています。

 

********************************

 

今日は「通訳の仕事が来ないのはスキルの問題だと思ってませんか?」というタイトルで。

 

コーディネータとして多くのクライアントと通訳者さんを見てきましたが、結構いらっしゃいます。

 

「この人、スキルは高いのになぁ、、、もったいないなぁ、、、」

 

発注元のクライアントからも、こんなフィードバックが。

 

「あの方ね、通訳のスキルは十分あると思うんだけど、、、次回からは別の方をお願いできます?

 

 

・・・いったいどういうことなんでしょう?

通訳は完全なプロフェッショナルの世界です。

スキル以上に大切なものなどあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

この流れなら答えはお分かりですね。

YES です。

 

厳密にいえば、「スキルが高いだけでは仕事は来ない」という表現の方が適切です。

 

「通訳をするスキルがある」のは「あたりまえ」の話です。

言語Aの意味するところを言語Bに変換するお仕事ですから、ソース言語の理解力やターゲット言語の語彙力・表現力は重要ですが、究極的にはソース言語の意味を変えてしまうわけにはいかないのですから、最初から「通訳するのはあなたでなければならない」理由などどこにもありません。

 

コーディネータとしても、最初に発注する際は「この方、スキル大丈夫かな」と気にはしますが、基本的にはスキルチェックや実績などから、「きっと問題ないだろう」と判断します。

つまりコーディネータにとって、発注した時点で「スキルはあってあたりまえ」なのです。

 

http://blog-imgs-37-origin.fc2.com/o/t/o/otokonokomoe/ttkshi1012400017.jpg

 

改めて。

「通訳の仕事が来ないのはスキルの問題だと思ってませんか?」

だとしたら、答えはNOなんです。

 

では、スキル以外のどこで次回以降の仕事が来るかどうか、分かれるんでしょうか。

 

それはまた次回。